バイクの洗い方からバイク用洗車用品レビューまで・バイクの洗車を徹底ガイド!BikeWash.net

サイトマップ利用規約お問い合わせお気に入りに追加
バイクの洗車を徹底ガイドBikeWash.net
ロゴ

BikeWash.netメールマガジン配信

バイク洗車のコツ・バイク洗車の裏技など、バイクの洗車に関する情報満載!
購読料金はもちろん無料・配信ご希望の方はこちらのフォームよりお申し込みください。

ロゴ

フロント側足回り

レプリカ・ツアラー系 フロント側足回りの洗い方

フロント側。全体に十分に水をかけ、よく泡立てたシャンプーで洗う。キャストホイールについた汚れは落としやすいのでシャンプーで十分に洗浄が可能だ。 アルミホイールで、白サビなど劣化が目立つ場合はメタルクリーナーを使用すると良い。

ブレーキディスクのボルトなどにサビが目立つ場合は、サビ落とし剤を。 ブレーキキャリパに汚れが目立つ場合は、メタルクリーナーや、真鍮ブラシを使ってみよう。 ただしアルマイト加工されたものや、メッキの社外品キャリパを清掃する際は真鍮ブラシは使用しない事。

インナーチューブ(フロントフォークの細い側)に黒い点状サビがある場合は、メタルコンパウンドなどで出来る限り落とした方が良い。 インナーチューブのサビはダストシールに傷をつけ、フォークオイルの漏れにつながってしまう。仕上げにフォークダストシールにラバー用コーティングを使うと、黒々としたツヤが出て、見た目の印象がぐっと引き締まる。

ブレーキディスクやキャリパにワックスやツヤ出しは厳禁

いくらキレイにしたくてもブレーキディスクや、キャリパにワックスやツヤ出しを使用するのは厳禁!ブレーキの効きが極端に低下してしまう。

フェンダー後ろ側・タイヤハウスもていねいに洗う

フロントフェンダーの後ろ側もていねいに洗おう。ハンドルを左右にきると、タイヤハウスにブラシが届くようになる。洗った後コーティング剤を使うと、汚れの再付着防止に効果がある。タイヤにはかからないように注意すること!

ロゴリア側足回り
レプリカ・ツアラー系 リア側足回りの洗い方

次にリア側。チェーングリスが飛散した汚れは、水洗いでは殆ど落ちない。シャンプーでサッと洗った後にホイールにはホイールクリーナー、チェーンにはチェーンクリーナーを使用する。
リアサスペンションにも、チェーンから飛散した古いグリスや、泥が付着している場合が多い。ここにもホイールクリーナーなどの親油性のケミカルが有効。 リアサスペンションのバネは手で回すことが可能。ブラシの届く部分を洗い、少しずつ回転させて全体をくまなく洗おう。

チェーンの洗浄後は必ずグリスアップをすること。チェーンカバーにはシリコン系のツヤ出し剤を使用すると良い。ただしタイヤにかからないように注意しよう。

スイングアームにもホイールクリーナー を使用する。スイングアームは、サイドスタンド付近までグリスが飛んでいることが多い。良く確認して必要な分クリーナを使用する。 スイングアームの内側は、ブラシが届きにくいので洗剤を軍手につけて直接手洗いすると良い。

フェンダーの内側に付いた泥も綺麗に取り除こう。チェーンカバーには、シリコン系のツヤ出し剤を使用する。タイヤにかからないように注意すること。

チェーンにはチェーンクリーナーを使う

チェーンにはパーツクリーナーではなく、チェーンクリーナーを使うこと。洗浄力の強いパーツクリーナー は、チェーン内部のゴム部品を痛めてしまうのだ。

バイクの足回りに付く汚れ

チェーン、リアホイール、スイングアームはガンコな汚れがたまる場所だ。ブラシでゴシゴシ洗うと傷をつけてしまう事も。専用クリーナーを使って効率よく仕上げよう。

ロゴハンドル周り
レプリカ・ツアラー系 ハンドル周りの洗い方

全体に水を流し、洗剤で軽く洗った後に十分にすすぐ。キーシリンダーには直接水をかけないようにしよう。内部に水が進入してサビてしまうと、キーが回りづらくなってしまう。

スクリーンの洗浄は要注意。スポンジ表面についた汚れを落とし、十分泡立てた洗剤を使わないと傷を付けてしまう。 スクリーンの曇りやキズが目立つようなら、スクリーン専用のコンパウンドを使用すると良い。視野性が大きく変わる。 あくまでもスクリーン専用のものを使用すること。粗めのコンパウンドでは逆に傷を広げてしまう。

インナーパネル、ホース類、樹脂パーツにツヤ出しコーティング剤を使ってみよう。見た目の印象がぐっと引き締まる。 ただし、滑りやすくなるのでグリップにはかけないようにすること。

キーシリンダーに水が入らないように工夫する

キーシリンダーには写真のようにガムテープをはっておくのも良い。

スクリーンを洗う際は細心の注意を

スクリーンは傷が付きやすいので、ゴシゴシ洗わないこと。また、専用ケミカル以外の使用は避けたほうが良い。研磨剤入りのものは特に注意。

樹脂パーツには専用コーティング剤を使う

樹脂パーツは劣化が早い。コーティング剤を使えば見た目の印象もぐっと引き締まる上、新品に近い状態を維持することが可能だ。

ロゴカウル・外装部分
レプリカ・ツアラー系 カウル・外装部分の洗い方

全体に水をかけ、よく泡立てた洗剤をスポンジにつけ、なでるように洗っていこう。カウルは塗装面が軟らかいので、すぐに洗車キズが出来てしまう。硬いブラシなどで洗わないこと。
水アカ、小キズが目立つ場合は、目の細かいコンパウンドを使う。中々落ちないからといってゴシゴシ洗うのは厳禁だ。
また、レプリカ系の車両を洗う時はカウルの断面で指を切ってしまうことが多い。手袋をするか、ゆっくり洗うなど注意が必要。洗った後は出来るだけワックスコーティング剤を使う事。

カウル下部分には、フロントタイヤで巻き上げた泥汚れが付着している事が多い。ていねいに洗って取り除きたいが、その際、カウルをとめているクイックファスナーが落ちてしまわないように注意。

シートはスポンジや専用クリーナーで洗う。硬いブラシで洗うと表面を傷めてしまう。また、シリコン系のツヤ出し剤は滑りやすくなる場合があるので、使用の際は注意しよう。

砂ぼこりが付いた状態でゴシゴシ洗わないこと

表面に砂ぼこりが付いた状態でゴシゴシ洗うのは洗車キズの元。十分水で流した後、なでるように洗うのを心がけよう。

カウル内部に水を強くかけるのは避けよう

カウル内部へ水をかけるのは避けたほうが良い。特にラジエーターの裏側へ強い水圧をかけるのは厳禁だ。

ロゴマフラー
レプリカ・ツアラー系 マフラーの洗い方

サイレンサーを洗う際は、排気口に水が入らないようにすること。 全体に軽く水をかけ、シャンプーで軽く磨いた後、劣化やサビが目立つようであれば、チタン、アルミ、ステンレスなど材質に合ったメタルクリーナーを使用する。

後方排気の車両でも、特別な洗浄方法があるわけではない。
ただ、泥汚れがマフラーに固着すると、なかなか落ちずらいので、洗った後に耐熱ワックスを使用すると良い。汚れが落ちやすくなり、次回の洗車が楽になる。

サイレンサーには水が入らないように工夫する

サイレンサーは洗浄前にガムテープでふさいでおくと良い。ただしはがし忘れにはくれぐれも注意する事。

ロゴ

あなたのバイク洗わせてください!

洗車職人の“あなたのバイク洗わせてください!”

仕事・趣味共に洗車。自分のバイクはもちろん、知人友人、友人の友人・・・他人のバイクまで嬉々として洗う真性の洗車職人が、あなたのバイクをきれいに洗います!

ロゴ

バイク買取・査定リンク集

査定額UPの方法。それは、
キレイに洗車して、とにかくたくさんのお店に査定してもらう事!
実際にこちらのコラムの検証では、汚れたバイクをキレイに洗車し、12社に査定を依頼した所、驚く程の査定額の開きがでた。

下記のサイトでは査定UPのためには洗車が必要な理由が分かりやすく記載されている。
また、交渉方法、準備に関するお役立ち方法が豊富に記載されているおすすめサイトだ。

※下記のサイトではメールアドレス等入力せずに、おおよその買い取り額を知る事も可能だ。 どこも実績豊富な優良店、絶対に外せない。

※下記のサイトでは、複数の買取業者に一括依頼が出来る。高く売るには、とにかくたくさん査定してもらうことが重要。数万円の差が出ることだって、決して珍しくない。

ロゴ

BikeWash.netバナー

当サイトはリンクフリーです。バナーもご自由にご利用下さい。相互リンクのお申し込みは下記のお問い合わせよりお願いいたします。

バイク洗車の方法・バイク用シャンプー・バイク用ワックスを徹底ガイド!BikeWash.net

サイトマップ利用規約お問い合わせお気に入りに追加