バイクの洗い方からバイク用洗車用品レビューまで・バイクの洗車を徹底ガイド!BikeWash.net

サイトマップ利用規約お問い合わせお気に入りに追加
バイクの洗車を徹底ガイドBikeWash.net
ロゴ

BikeWash.netメールマガジン配信

バイク洗車のコツ・バイク洗車の裏技など、バイクの洗車に関する情報満載!
購読料金はもちろん無料・配信ご希望の方はこちらのフォームよりお申し込みください。

ロゴフロント側足回り
スクーター フロント側足回りの洗い方

フロント側。全体に十分に水をかけ、よく泡立てたシャンプーで洗う。ホイールに付着した泥汚れは、比較的簡単に落とす事が可能だ。
T-MAXなど、リムがアルミ製で白サビが目立つ場合は、メタルクリーナーを使うと良い。

ブレーキディスクのボルトなど、サビが目立つ場合はメタルクリーナーを使う。ディスクの穴には、洗剤をしみこませた布を通して磨くと良い。 ブレーキキャリパに汚れが目立つ場合は、メタルクリーナーや真鍮ブラシを使ってみよう。 ただし、アルマイト加工されたものや、メッキの社外品キャリパを清掃する際は、真鍮ブラシは使用しない事。

ホイールを洗ったらハンドルを左右に切り、フロントフェンダーの後ろ側もていねいに洗う。ハンドルを左右に切ることでタイヤハウス全体にブラシが届くようになる。ここも丁寧に洗ってしまおう。

インナーチューブ(フロントフォークの細い側)を覗き込んでよく見てみよう。 黒い点状サビがある場合は、メタルコンパウンドなどで出来る限り落とした方が良い。 インナーチューブのサビはダストシールに傷をつけ、フォークオイルの漏れにつながってしまう。

ブレーキディスクやキャリパにワックス・ツヤ出しは厳禁!

いくらキレイにしたくても、ブレーキディスクや、キャリパにワックスやツヤ出しを使用するのは厳禁!ブレーキの効きが極端に低下してしまう。

スクーターの洗車時にはセンタースタンドを

センタースタンドをかけていれば、フロントカウルを軽く持ち上げるようにしてフロントタイヤを回すことが出来る。効率よくフロントホイールを洗う事が可能だ。

ロゴリア側足回り
スクーター リア側足回りの洗い方

次にリア側。フロントと同様、十分水をかけた後、良く泡立てた洗剤で洗う。 スクーターのほとんどはベルト駆動で、チェーングリスの飛び散りがないため、他の車種に比べ非常に楽。
ホイールはセンタースタンドをたて、回しながらブラシでこする事で、ホイール全体のたいていの汚れを落とせる。センタースタンド、サイドスタンドも忘れずに洗う事。

プーリーカバーや、リアサスペンションも丁寧に洗おう。普段目にしない部分なだけに、覗き込むと思いがけず劣化している場合が多い。 特にローダウンサスに変更しているものは、サビている場合が多い。注意して見てみよう。サスペンションのバネの部分は手で回すことが可能。くるくる回しながら全体をキレイに洗う。

洗浄後、プーリーカバーにはシリコン系のコーティング剤を。メッキなどの社外品に変更している場合はメタルクリーナーを使用すると良い。

スクーターの足回り洗車

スクーターの足回りは、油汚れが少ないので他車種に比べ洗車が楽。ただ、サイレンサー側は大きいブラシが届きづらいので、細長いブラシを準備しておくと良い。

ロゴメーター周り
スクーター メーター周りの洗い方

全体に水を流し、洗剤で軽く洗った後に十分にすすぐ。表面だけでなく、各収納内部も丁寧に洗おう。ほとんどの車種はちゃんと排気口があるので、しっかりすすぎをして問題ない。 ただ、スクリーンとボディの間に水滴が入ると、車種によっては非常にふき取りずらくなるので注意。
また、キーシリンダーには直接水をかけないようにしよう。内部に水が進入してサビてしまうと、キーが回りづらくなってしまう。

スクリーンの洗浄は要注意。スポンジ表面についた汚れを落とした上で、十分泡立てた洗剤でないと傷を付けてしまう。 スクリーンの曇りや、キズが目立つようなら、スクリーン専用のコンパウンドを使用すると良い。視野性も大きく変わる。 あくまでもスクリーン専用のものを使用すること。粗めのコンパウンドでは逆に傷を広げてしまう。

ハンドル周りの社外品メッキのパーツは、純正の物に比べ劣化や、サビやすい物が多く、洗浄ではどうにもならないほどになってしまっているものが良く見受けられる。 社外品メッキパーツは日頃からこまめに洗い、ていねいにふき上げるか、コーティング剤などを使って保護しておく事が重要だ。

インナーパネル、ホース類、樹脂パーツにツヤ出しコーティング剤を使ってみよう。見た目の印象がぐっと引き締まる。 ただし滑りやすくなるので、グリップやレバーにはかけないようにすること。

スクリーンの洗車には細心の注意を

スクリーンは、目の粗いタオルで吹き上げただけで傷ができてしまうことも。視野性や関わる部分なので拭きあげも慎重に。

スクーター洗車にはプラスチック・樹脂クリーナーを用意しよう

プラスチック・樹脂クリーナーはスクーター洗車に必要不可欠!シャンプーの後でもクリーナーを使うと、驚くほど汚れが取れるだろう。

インナーパネルにコーティング剤

右上の白く変色していたインナーパネルも、クリーナーの後、コーティング剤を使用すると新品のような輝きが戻る。長いものでは効果は数ヶ月持続する。

ロゴカウル・外装部分
スクーター カウル・外装部分の洗い方

全体に水をかけ、よく泡立てた洗剤をスポンジにつけ、なでるように洗っていこう。 スクーターのカウルは塗装面が軟らかいので、すぐに洗車キズが出来てしまう。硬いブラシなどで洗わないこと。
水アカ、小キズが目立つ場合は、目の細かいコンパウンドを使う。中々落ちないからといってゴシゴシ洗うのは厳禁だ。洗った後はワックスを忘れずに。

インナーカウルは紫外線の影響を受けやすく、放っておくとすぐに白く変色してしまうので、特にこまめに洗浄したい部分だ。 ここも硬いブラシで洗うとすぐに傷になってしまうので、スポンジ、もしくはプラスチッククリーナーで洗う事。洗った後は、シリコン系のコーティング剤を使うと良い。
塗装済みのインナーカウルは外装と同じように、スポンジでなでるように洗った後、ワックスなどで仕上げよう。

ステップはラバーのものはブラシで洗った後、ツヤ出しコーティング剤を使うと良い。
メッキのものなど社外品に変えている場合は、ブラシなどで強くこすると、表面のメッキがはがれてしまうこともあるので注意が必要。 スポンジで軽く洗う程度にして、くすみやサビが目立つ場合は、メタルクリーナーを使用する。

シートはスポンジで洗うだけでも十分だが、洗う面積が大きいので、シート専用クリーナーを使う価値が十分にある。ケミカルレビューでも使用しているが汚れ落しの効果は非常に高い。
洗った後は、劣化防止のためコーティング剤を使うと良い。固形のワックスや、ボディ用ワックスは、シートの細かい目の中に入ってしまうので、使用には注意が必要だ。
また、エナメルなどの社外品にのシートは、耐水性が十分でない物が多いので水ぶき程度にしておこう。

砂ぼこりは落とした上で洗うこと

表面に砂ぼこりが付いた状態でゴシゴシ洗うのは洗車キズの元。十分水で流した後、なでるように洗うのを心がけよう。

白く劣化したインナーカウルにコーティング剤を

紫外線によって白く劣化したインナーカウルも、プラスチック・樹脂用コーティング剤を使用するとインナーパネル同様ピカピカにすることが出来る。

ロゴマフラー
スクーター マフラーの洗い方

サイレンサー部分だけでなく、カウル内部に隠れて見えないエキパイの方までしっかりと洗いたい。社外品マフラーのステーはさびている場合が多い。こまめに防錆成分配合のメタルクリーナーでみがくと効果は高い。

ノーマルマフラーに多いスチール製のマフラーは、あまり力を込めて洗うと、表面の塗装が削れ、傷になってしまうので注意。 チタン、アルミ、ステンレスなど材質に合ったメタルクリーナーを使用すること。

サイレンサーには水が入らないように工夫する

サイレンサーを洗う際は、排気口に水が入らないようにすること。事前にガムテープなどでふさいでおこう。

ステンレスの焼き色はクリーナーで落とすことが可能

ステンレスのエキパイに付いた焼け色は、専用クリーナーで落とすことが可能。焼け色が気に入らなければ使ってみよう。

マフラーには耐熱ワックスが有効

スチールマフラーの変色やサビが目立つ場合、オススメなのが耐熱ワックス。ツヤ出し、劣化防止、汚れ再付着防止に高い効果がある。

ロゴ

あなたのバイク洗わせてください!

洗車職人の“あなたのバイク洗わせてください!”

仕事・趣味共に洗車。自分のバイクはもちろん、知人友人、友人の友人・・・他人のバイクまで嬉々として洗う真性の洗車職人が、あなたのバイクをきれいに洗います!

ロゴ

バイク買取・査定リンク集

査定額UPの方法。それは、
キレイに洗車して、とにかくたくさんのお店に査定してもらう事!
実際にこちらのコラムの検証では、汚れたバイクをキレイに洗車し、12社に査定を依頼した所、驚く程の査定額の開きがでた。

下記のサイトでは査定UPのためには洗車が必要な理由が分かりやすく記載されている。
また、交渉方法、準備に関するお役立ち方法が豊富に記載されているおすすめサイトだ。

※下記のサイトではメールアドレス等入力せずに、おおよその買い取り額を知る事も可能だ。 どこも実績豊富な優良店、絶対に外せない。

※下記のサイトでは、複数の買取業者に一括依頼が出来る。高く売るには、とにかくたくさん査定してもらうことが重要。数万円の差が出ることだって、決して珍しくない。

ロゴ

BikeWash.netバナー

当サイトはリンクフリーです。バナーもご自由にご利用下さい。相互リンクのお申し込みは下記のお問い合わせよりお願いいたします。

バイク洗車の方法・バイク用シャンプー・バイク用ワックスを徹底ガイド!BikeWash.net

サイトマップ利用規約お問い合わせお気に入りに追加