バイクの洗い方からバイク用洗車用品レビューまで・バイクの洗車を徹底ガイド!BikeWash.net

サイトマップ利用規約お問い合わせお気に入りに追加
バイクの洗車を徹底ガイドBikeWash.net
ロゴ

BikeWash.netメールマガジン配信

バイク洗車のコツ・バイク洗車の裏技など、バイクの洗車に関する情報満載!
購読料金はもちろん無料・配信ご希望の方はこちらのフォームよりお申し込みください。

ロゴ

フロント側足回り

フロント側足回りの洗い方

フロント側。全体に十分に水をかけ、シャンプーなどで洗った後、ヘッドライト下のボトムブリッジ、ブレーキディスクのボルト、フロントフォークなど、サビや劣化が目立つ部分にはメタルクリーナーを使ってみよう。

ブレーキキャリパに汚れが目立つ場合は、メタルクリーナーや真鍮ブラシが有効。ただしアルマイト加工されたキャリパを清掃する際は、真鍮ブラシは使用しない事。

フロント側のホイールは油汚れが付かないので、シャンプーのみで十分な汚れを落とすことが可能だが、スポークホイールでサビが目立つ場合は、 メタルクリーナーや真鍮ブラシを使用する。かなり手間はかかるが、一本一本両側から行おう。

インナーチューブ(フロントフォークの細い側)に黒い点状サビがある場合は、メタルコンパウンドなどで出来る限り落とした方が良い。 インナーチューブのサビはダストシールに傷をつけ、フォークオイルの漏れにつながってしまう。
仕上げにフォークダストシールや、フォークブーツにはシリコン系のスプレーを使ってみよう。ゴムパーツが黒々と光っていると見た目の印象がぐっと変わる。

ブレーキディスクやキャリパにワックスは厳禁

いくらキレイにしたくてもブレーキディスクや、キャリパにワックスやツヤ出しを使用するのは厳禁!ブレーキの効きが極端に低下してしまう。

アウターチューブにはメタルクリーナーが有効

アルミのアウターチューブは泥汚れなどによって劣化しやすい。白サビがひどくなる前に、まめにメタルクリーナーでみがく事で状態を維持できる。

ロゴリア側足回り
リア側足回りを洗う

次にリア側。チェーングリスが飛散した汚れは、水洗いでは殆ど落ちない。シャンプーでサッと洗った後に、ホイールにはホイールクリーナー、チェーンにはチェーンクリーナーを使用する。
チェーンの洗浄後は必ずグリスアップをすること。チェーンカバーには、シリコン系のツヤ出し剤を使用すると良い。ただしタイヤにかからないように注意しよう。

スイングアームにもホイールクリーナーを使用すると良い。スイングアームはサイドスタンド付近までグリスが飛んでいることが多い。良く確認して必要な分クリーナを吹き付ける。 スイングアームの内側はブラシが届きにくいので、洗剤を軍手につけて直接手洗いすると良い。

リアサスペンションのバネは手で回すことが可能。見えている部分を洗ったら、半回転させて全体をくまなく洗おう。

チェーンにはチェーンクリーナーを使うこと

チェーンにはパーツクリーナーではなく、チェーンクリーナーを使うこと。洗浄力の強いパーツクリーナーは、チェーン内部のゴム部品を痛めてしまうのだ。

バイクの足回りには専用クリーナーが有効

チェーン、リアホイール、スイングアームはガンコな汚れがたまる場所だ。ブラシでゴシゴシ洗うと傷をつけてしまう事も。専用クリーナーを使って効率よく仕上げよう。

リアサスペンションもしっかり洗う

トラッカー系の車両に多い写真のようなリアサスペンションの配置は、油汚れが付きやすい上に洗いずらい。スプレータイプのクリーナーが非常に有効だ。

ロゴメーター・ハンドル周り
メーター・ハンドル周りを洗う

メーター周りには、あまり強い水圧をかけないほうが良い。特にキーシリンダーには直接水をかけないようにしよう。 内部に水が進入してサビてしまうと、キーが回りづらくなってしまう。

全体的に洗剤で軽く洗い十分にすすいだ後、樹脂パーツ、ホース類はツヤ出しコーティング剤を使用する。 シリコン系のものは滑りやすくなるので、グリップにはかけないようにすること。
メーターカバー、ミラーがメッキのもので、くすみや小キズ、点サビなどが目立つ場合には、メタルクリーナーを使用すると良い。
スクリーンの洗浄は要注意。スポンジ表面についた汚れを落とした上で、十分泡立てから洗わないと表面に傷を付けてしまう。

ハンドルを左右に切り、首周りの汚れも清掃しよう。ブラシが入りづらく、ホースが密集している部分なので洗剤を直接手につけて磨くと良い。

キーシリンダーには水が入らないように

キーシリンダーには、写真のようにガムテープをはっておくのも良い。

スクリーンには傷が付きやすいので注意が必要

スクリーンは傷が付きやすいのでゴシゴシ洗わないこと。また、専用ケミカル以外の使用は避けたほうが良い。研磨剤入りのものは特に注意。

樹脂パーツにはこまめにコーティング剤を

樹脂パーツは劣化が早い。コーティング剤を使えば見た目の印象もぐっと引き締まる上、新品に近い状態を維持することが可能だ。

ロゴ外装・塗装部分
タンク・フェンダーを洗う

洗いがいのある部分なので、一気に洗いだしたくなってしまうが、急いで洗うのは洗車キズの原因。 まずは十分な水を流し、表面の汚れを浮かせた上で、良く泡立てた洗剤で表面をなでるように洗うこと。硬いブラシは厳禁だ。

オンロード系のバイクに限ったことでは無いが、塗装面へのケミカルの使用は細心の注意を払う必要がある。 バイクの塗装は非常に軟らかいので、目の粗いコンパウンドは使わないこと。

シートが外れるタイプのものは、シートを外し内部もしっかり洗おう。 バッテリーがすぐ下に置かれているものは、水をかけるよりも濡らしたウェスなどでふき取った方がトラブルになりづらい。
外したシートは硬いブラシで洗わないこと。汚れが目立つ場合は、専用のクリーナーで洗浄すると良い。 洗った後にツヤ出し剤などのコーティングを使用するもの良いが、滑りやすくなることがあるので注意が必要。

砂ぼこりはきちんと落とした後で洗うこと

表面に砂ぼこりが付いた状態で、ゴシゴシ洗うのは洗車キズの元。十分水で流した後、なでるように洗うのを心がけよう。

水アカや小キズには専用クリーナーを

水アカや小キズが目立つ場合は専用のクリーナーを使用する。落ちないからといって強く洗わないこと。

ロゴエンジン
エンジンを洗う

初めての洗車だと水をかけてよいものか躊躇してしまうが、上からシャワーする程度の水圧であれば問題はない。
ただし、プラグキャップ周辺に強い水圧をかけないこと。プラグキャップの隙間から水が入り込んでしまう事があるからだ。 V型エンジンの車両や、トラッカー系、単気筒のバイクで、プラグキャップを変更している場合は特に注意が必要。

全体を大きめのブラシで軽く洗った後、フィンの間や、エンジン前面のエキパイが邪魔して洗いづらい部分なども、歯ブラシなど小さめのブラシを使って細かく洗浄しよう。 エンジン停止直後はまだ非常に高温なので、やけどに注意すること。
白サビが目立つ場合はメタルクリーナーを使用するのも良いが、ZRXや、250TRのようなブラックエンジンには使用しない方が良い。洗浄後は耐熱ワックスをかけると良い。

エンジンの白サビにはメタルクリーナーが有効

エンジンの白サビにはメタルクリーナーが有効。ひどくなる前に定期的に使用することで、新車のような状態を維持できる。

固着した汚れには濃い目に希釈した洗剤を

エンジン前面などブラシの届きづらい部分に、固着した泥汚れがある場合は、規定の範囲内で濃い目に希釈したシャンプーを直接スプレーすることで落ちやすくなる。

エアクリーナーは濡れないように注意

スカチューン仕様のバイクは、エアクリーナーが濡れないよう、洗浄前にビニール袋をかぶせておこう。

ロゴマフラー
マフラーを洗う

シャンプー洗車の後、付着物など汚れが目立つ場合はチタン、ステンレスなど材質に合ったメタルクリーナーを使用する。 CB400SFのエキパイ、FTRのサイレンサーのような、スチール製のマフラーは強くみがくと表面の塗装が削れてキズになってしまうので注意しよう。
また、サイレンサーを洗う際は排気口に水が入らないようにする事。

サイレンサーには水が入らないように

サイレンサーは洗浄前にガムテープでふさいでおくと良い。ただし、はがし忘れにはくれぐれも注意する事。

ステンレスのエキパイに付いた焼き色は落とすことが出来る

ステンレスのエキパイに付いた焼け色や、溶けて付着したバイクカバーなどは、専用クリーナーを使うことで落とすことが出来る。

エキパイ・マフラーには耐熱ワックスを

エキパイの劣化が目立つ場合は、耐熱ワックスを使ってみよう。比較的高価なケミカルだがツヤ出し、劣化防止、汚れ再付着防止に高い効果がある。

ロゴ

あなたのバイク洗わせてください!

洗車職人の“あなたのバイク洗わせてください!”

仕事・趣味共に洗車。自分のバイクはもちろん、知人友人、友人の友人・・・他人のバイクまで嬉々として洗う真性の洗車職人が、あなたのバイクをきれいに洗います!

ロゴ

バイク買取・査定リンク集

査定額UPの方法。それは、
キレイに洗車して、とにかくたくさんのお店に査定してもらう事!
実際にこちらのコラムの検証では、汚れたバイクをキレイに洗車し、12社に査定を依頼した所、驚く程の査定額の開きがでた。

下記のサイトでは査定UPのためには洗車が必要な理由が分かりやすく記載されている。
また、交渉方法、準備に関するお役立ち方法が豊富に記載されているおすすめサイトだ。

※下記のサイトではメールアドレス等入力せずに、おおよその買い取り額を知る事も可能だ。 どこも実績豊富な優良店、絶対に外せない。

※下記のサイトでは、複数の買取業者に一括依頼が出来る。高く売るには、とにかくたくさん査定してもらうことが重要。数万円の差が出ることだって、決して珍しくない。

ロゴ

BikeWash.netバナー

当サイトはリンクフリーです。バナーもご自由にご利用下さい。相互リンクのお申し込みは下記のお問い合わせよりお願いいたします。

バイク洗車の方法・バイク用シャンプー・バイク用ワックスを徹底ガイド!BikeWash.net

サイトマップ利用規約お問い合わせお気に入りに追加