バイクの洗い方からバイク用洗車用品レビューまで・バイクの洗車を徹底ガイド!BikeWash.net

サイトマップ利用規約お問い合わせお気に入りに追加
バイクの洗車を徹底ガイドBikeWash.net
ロゴ

BikeWash.netメールマガジン配信

バイク洗車のコツ・バイク洗車の裏技など、バイクの洗車に関する情報満載!
購読料金はもちろん無料・配信ご希望の方はこちらのフォームよりお申し込みください。

ロゴ

クリア塗装

塗装部分の洗い方

バイクの塗装は軟らかい為、簡単に洗車キズが出来てしまう。最小限に防ぐには表面の汚れを水で十分に流した後、力を込めず、なでるように洗う事だ。
硬いブラシを使うのはもちろん、目の粗いコンパウンドや研磨剤、アルカリ製の強力な洗剤の使用は厳禁。必ずバイク用洗剤で洗浄し、ワックスで仕上げよう。

ロゴ

樹脂バーツ

樹脂パーツの洗い方

ハンドル周りの樹脂パーツは、シャンプーなどでさっと洗うだけで、十分汚れを落とす事が出来る。
紫外線による影響を受けやすいパーツなので、洗浄後には専用のコーティング剤を使用すると良い。 白っぽく変色してしまっていても、シリコンなどのコーティング剤を使用すれば、新車の様な輝きが戻す事が出来る。 手軽に洗えて見た目の印象をぐっと変えられる部分だ。

ロゴ

プラスチック類

プラスチック類の洗い方

スクリーンなど透明プラスチック素材は、専用クリーナー以外は使用しない事。傷が付きやすいので、ゴシゴシ洗うのも厳禁だ。
オフロード車の外装などに使用されているプラスチックパーツは、汚れ落ちが良いのでシャンプーで洗うだけで十分。 パーツクリーナーはプラスチックを溶かしてしまう物があるので使用は控えたよう。 部品の値段が安価なので、キズや変色など劣化が目立つ場合は、取りかえてしまうのも手だ。

ロゴ

ラバー・ゴムパーツ

ラバー・ゴムパーツの洗い方

フォークブーツや、ダストシールなどのゴムパーツは、ブラシなどでごしごし洗うと破れてしまうこともある。 また、パーツクリーナーはゴムを劣化させてしまうので使用しないこと。 軽く洗った後、シリコン系などのコーティング剤で仕上げよう。ただし滑りやすくなるのでグリップ、ステップ、チェンジベダルのゴムへの使用は注意が必要だ。 劣化が目立つようであれば、その部分は洗うのではなく、早めに交換しておきたい。

ロゴ

メッキ

メッキの洗い方

メッキはシャンプーで洗浄するだけで十分汚れを落とすことが出来るが、くすみやサビが目立つ場合は、目の細かい研磨剤など専用クリーナーで磨くと良い。 ただし目の粗い研磨剤を使うと、表面に細かい傷がつき、余計にサビやすくしてしまう。

ロゴ

スチール

スチール部分の洗い方

多くのバイク使われている、スチールに耐熱ブラック塗装が施されたマフラー。 これは強くみがくと、表面の塗装が簡単に削れてしまうので注意しよう。サビや劣化が比較的早いのでこまめな洗浄が必要だ。 軽い洗車の後に、耐熱ワックスを使うことで劣化食い止める事が出来る。また、劣化やキズがひどい場合は塗装を落とし、再度耐熱塗装を施すのも手だ。

ロゴ

アルミニウム

アルミニウムの洗い方

エンジン、サイレンサーなどに使用されているアルミニウムは比較的酸化しやすい金属。こまめな洗浄はもちろん、拭きあげも特にていねいに行おう。
白サビ、点サビは軽度なうちであれば、メタルクリーナーで根気良く磨く事で落とすことが可能だ。 また、表面に傷がつきやすいので、あまり硬いブラシで強く洗わない事。 表面に傷をつけてしまうと、その部分から劣化が広がっていってしまう。

ロゴ

ステンレス

ステンレスの洗い方

非常にさびにくい金属なので、シャンプーなどで洗浄した後に水ですすぎ、拭きあげるだけで十分。 ステンレスマフラーに付く焼け色は、専用のクリーナーで取り除くことが可能。無理に落とす必要はないが、焼け色が気に入らない場合には使ってみるのも良いだろう。

ロゴ

チタン

チタンの洗い方

チタンは表面の皮膜が高い耐食性を発揮する為、付着した汚れも落ちやすく、サビづらい金属なので洗浄だけしていれば問題ない。 こびりついた頑固な汚れがある場合はノンコンパウンドのクリーナーで取り除こう。

ロゴ

カーボン

カーボンパーツの洗い方

カーボンパーツには研磨剤の入った物は使用しない方が良い。シャンプーなどで洗浄しワックスをかければ十分だ。 割れやすいものもあるので洗浄、ワックスの際の力のかけすぎには注意しよう。

ロゴ

アルマイト

アルマイト部分の洗い方

アルミニウムの表面を厚くし、高い耐食性を持たせる事をアルマイト加工という。 アルマイト加工されたパーツは汚れも落ちやすく、洗浄するだけで十分に綺麗になる。 研磨剤を含んだケミカルや硬いブラシで磨きすぎると傷が付き、そこから劣化やサビが発生してしまうので注意しよう。

ロゴ

マグネシウム

マグネシウムの洗い方

マグネシウムホイールにクリーナーなどのケミカルを使用すると、物によっては変色してしまう事がある。 水では落ちづらいガンコな汚れがあり、クリーナーを使う場合は、マグネシウムに使用可能かどうかクリーナーの取扱説明書をよく読んでから使用すること。 また、硬いブラシで洗うとすぐに傷が付いてしまう。スポンジやウェスを使って慎重に洗おう。

ロゴ

あなたのバイク洗わせてください!

洗車職人の“あなたのバイク洗わせてください!”

仕事・趣味共に洗車。自分のバイクはもちろん、知人友人、友人の友人・・・他人のバイクまで嬉々として洗う真性の洗車職人が、あなたのバイクをきれいに洗います!

ロゴ

バイク買取・査定リンク集

査定額UPの方法。それは、
キレイに洗車して、とにかくたくさんのお店に査定してもらう事!
実際にこちらのコラムの検証では、汚れたバイクをキレイに洗車し、12社に査定を依頼した所、驚く程の査定額の開きがでた。

下記のサイトでは査定UPのためには洗車が必要な理由が分かりやすく記載されている。
また、交渉方法、準備に関するお役立ち方法が豊富に記載されているおすすめサイトだ。

※下記のサイトではメールアドレス等入力せずに、おおよその買い取り額を知る事も可能だ。 どこも実績豊富な優良店、絶対に外せない。

※下記のサイトでは、複数の買取業者に一括依頼が出来る。高く売るには、とにかくたくさん査定してもらうことが重要。数万円の差が出ることだって、決して珍しくない。

ロゴ

BikeWash.netバナー

当サイトはリンクフリーです。バナーもご自由にご利用下さい。相互リンクのお申し込みは下記のお問い合わせよりお願いいたします。

バイク洗車の方法・バイク用シャンプー・バイク用ワックスを徹底ガイド!BikeWash.net

サイトマップ利用規約お問い合わせお気に入りに追加